スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
+ ………・…………・…………… + ………・…………・…………… + ………・………+
ランキングに参加ランキングに参加中ランキングに参加 一日一回クリックのご協力にお願いします 私
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ ←クリックFC2 Blog Rankingへ ←クリック
+ ………・…………・…………… + ………・…………・…………… + ………・………+
| スポンサー広告 | page top |
自称、D棟(ビニールハウス組立日記)
2012/01/23(Mon)
私ただ今建設中の5.8m×20mのハウス(自称、D棟)はこのような形までなりました↓
20120123 (6)
中古部品を利用して出来るだけ部品や資材を買わずに建てているので、新品ハウスを建てた時とは随分様子が違います。新品ハウスでは曲管に5本の直管を通しましたが、これは3本しか通さなかったり、曲管とビニペットを固定する金具も使わず替わりにビスで留めたりして、部品を節約しています。

スソピー(腰巻)も、新品なら地上から50cm程の位置で留めていますが、今回は1mの幅があるスソピーを半分の50cmに切って利用しました。その為、地上から20cm程しか出ていません↓
20120123 (1)
テレビで農家さんのビニールハウスが映っていたりすると、うちとは建て方が違うなぁと思ったりします。地域や業者や作物によって変わってくるものなんかもしれません。

まだこのD棟は完成していませんが、ここまで作っておけば雪が積もったりしても作業が出来るので、D棟の建設はひとまずここでおいといて、今週は5m×47mのハウス作り(自称、A棟)に取り掛かりました。
まずは、曲管の足を切断するところから。こちらもかなり数年ものの中古なので、足はサビまくっています↓
20120123 (2)
190本↓このようにきれいに足を50cm切断しました。
20120123 (3)
試しに、1セット建ててみると、こんなかんじに↓
20120123 (4)
足が50cm短くてそのままだと背の低いハウスになってしまうので、切断した分の50cmを違う直管で継ぎ足してします↓
20120123 (5)
↑曲管(22mm)の中に、それより細い直管(19mm)を入れて、50cm(22mm)の直管と繋いでいます。
+ ………・…………・…………… + ………・…………・…………… + ………・………+
ランキングに参加ランキングに参加中ランキングに参加 一日一回クリックのご協力にお願いします 私
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ ←クリックFC2 Blog Rankingへ ←クリック
+ ………・…………・…………… + ………・…………・…………… + ………・………+
| 農業日誌 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top |
<<畑に泥棒出没! | ホーム | ハウス組立て開始>>
コメント
--直管の連結--

こんにちは。

私も今、3反歩のぶどう棚の新設(他人の畑です)をやっています。

そこでも直管をつないだりするのですが、六角タイプのドリルネジを使うと具合良いですよ~。
ねじ込む時にガクッって外してしまうことが少ないし、ねじ山が潰れるという事もないので。

ハウス作りがんばってください。



by: kaz1880 * 2012/02/07 07:22 * URL [ 編集 ] | page top
--Re: 直管の連結--

kaz1880さん

とても参考になるアドバイスありがとうございます!
しょっちゅうガクッてなります。
今はもう当分のビスを購入してしまったので、次買う時に検討してみます。

りんご修行がんばって下さい~
by: アグリ太郎 * 2012/02/10 03:06 * URL [ 編集 ] | page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://agri007.blog46.fc2.com/tb.php/646-41b30f3c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。