スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
+ ………・…………・…………… + ………・…………・…………… + ………・………+
ランキングに参加ランキングに参加中ランキングに参加 一日一回クリックのご協力にお願いします 私
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ ←クリックFC2 Blog Rankingへ ←クリック
+ ………・…………・…………… + ………・…………・…………… + ………・………+
| スポンサー広告 | page top |
お楽しみ野菜が・・・
2010/07/31(Sat)
私お楽しみ野菜として、今年は枝豆・トウモロコシ・スイカを植えました。スイカはまだ実の肥大化中ですが、枝豆とトウモロコシはそろそろ収穫時。
だけど・・・・
↓共に無農薬・無肥料
IMG_4323.jpg
トウモロコシ:全体的に小さい&中の実の一粒一粒も小さい。色が薄い。あまり甘くない。
採るの早すぎた?! 髭がもっと黒くなってから採るべき?!
だけど、ただでさえ虫が留まっているので早く収穫しないとさらに虫の餌食になってしまいそうで・・・

枝豆:房は出来たものの、中の実はペッタンコ。丸カメムシに栄養を吸われたか?! 草引きをした労力が水の泡。

きちんと手間をかけて美味しいものを作る努力が出来ないのであれば、来年は栽培をしないでおこうと思います。
来年の今頃はもっと忙しいと思うので、家庭菜園も取捨選択しないと。
+ ………・…………・…………… + ………・…………・…………… + ………・………+
ランキングに参加ランキングに参加中ランキングに参加 一日一回クリックのご協力にお願いします 私
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ ←クリックFC2 Blog Rankingへ ←クリック
+ ………・…………・…………… + ………・…………・…………… + ………・………+
| 家庭菜園 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top |
不運
2010/07/30(Fri)
夫いよいよ明日に耕耘をしてもらうという矢先だったのに雨が降った。
一昨日の夕べ、ちょいと曇ったかなと思ったらいきなり雨粒がぷつぷつと軽トラのフロントガラスを叩き、すぐに本格的な雨降りに。昨日は明け方から大降りになり、夕方くらいまで降りつづいた。
で、今日研修が終わって畑に行ってみると・・・当然、びしょびしょ。さすが元田んぼ。排水性の悪さにかけちゃ右に出るものがいない。毒の沼がいつのまにか復活していた。
仕方がないので、お約束していた方に連絡を取り、明日のトラクターによる耕耘は延期してもらった。しばらく晴天がつづいてしっかりと乾燥したのちにお願いすることになった。
というわけで、明日は急に時間が空くことになったので、久しぶりに家の片付けなどをするか。
+ ………・…………・…………… + ………・…………・…………… + ………・………+
ランキングに参加ランキングに参加中ランキングに参加 一日一回クリックのご協力にお願いします 私
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ ←クリックFC2 Blog Rankingへ ←クリック
+ ………・…………・…………… + ………・…………・…………… + ………・………+
| 就農計画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top |
我が家の野菜。美味しかったり美味しくなかったり
2010/07/29(Thu)
私家庭菜園の野菜が続々と実ってきていて、食べるのが追いつかなくなっています。冷蔵庫にキュウリはもちろん、キャベツも4玉ストックあり。
キャベツなんですが、なぜか辛いんですよね。収穫するのが遅すぎた?実は畑にまだ3玉キャベツが残っており、収穫出来るんだけど収穫しても冷蔵庫もいっぱいいっぱいなので畑に植わらしている状態です・・・ 早く収穫してあげた方が美味しいだろうか。だけど冷蔵庫にもまだあるし。美味しいキャベツなら人にあげるのだけど、なんせ辛いので人にもあげられずにいます。

↓つるなしインゲン:無農薬・無肥料
枝豆は全滅しそうですが、つるなしインゲンは無農薬でも実りました!
IMG_4320.jpg
↑味噌胡麻あえ

↓カボチャ:無農薬・無肥料
↓シシトウ:無農薬・肥料あり
IMG_4322.jpg
カボチャはですね、ずばり甘くない!! 無肥料だからかな・・・
カボチャの照り焼き煮にする予定が、あまりにも甘みがないので、調味料(醤油・砂糖・日本酒)を多めに入れ挽肉も投入してなんとか食べられるようにしましたわ。
シシトウは、そんなに食べる習慣がなかったので私としては美味しいのか美味しくないのか分からないんですが、夫は「すごく美味しい。来年も栽培しよう」と言っています。
+ ………・…………・…………… + ………・…………・…………… + ………・………+
ランキングに参加ランキングに参加中ランキングに参加 一日一回クリックのご協力にお願いします 私
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ ←クリックFC2 Blog Rankingへ ←クリック
+ ………・…………・…………… + ………・…………・…………… + ………・………+
| 家庭菜園 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top |
蚊取り線香の特別バージョンを購入
2010/07/28(Wed)
夫向かいに住んでいるおじいちゃんと話していて、「いやあ、畑で作業をしていて夕方頃になると蚊にくわれてたまりませんよ」と言ったら、「じゃあ騙されたと思ってこれを買ってみなさい」と勧められたのがこれ。
519AcEoOPsL.jpg
携帯用蚊取り線香の「森林香」バージョン。
通常のものより太く効きが強いということで、山林で作業する人がよく付けているそう。それじゃあと近くの薬局に行ってこれを購入。30巻き(上の写真)で1,600円、また携行器が特製のものになり、それが1,200円と、意外に高い。
先週、さっそく使ってみようと火を点けて携行器に入れてみると、たしかに煙の量が多い気がする。あんまり線香臭いような気もしないし、こりゃいいなと思ったが、肝腎の蚊がいない。
というのも、畑の草刈りを終えたせいか、蚊がいなくなってしまっているのだ。見渡してみても、蚊だけではなく、マメコガネやアオムシ、蛾の幼虫の類がいなくなってしまいっている。そりゃあ掴まる草がなくなっているのだから仕方ないのかもしれないけど。
それじゃあ虫は全滅かというとそうではなく、今はやけに赤トンボが飛んでおり、また、夕方の7時を回ると、なぜか急激にコガネムシ(カナブン)が増え、作業をしている私たちや軽トラの周りに異常に集まってくる。軽トラのラジオ用のアンテナに7,8匹ほどが掴まっていたり、ドアの「へり」にも10匹ほどがびっしりと掴まっていて、この集まり方、気持ちが悪いったらありゃしない。薄暗闇の中、畑で剣先スコップを空中に向かって振り回している人間がいたら、それは私です。決して頭がおかしくなったわけではありません。次々と飛び寄ってくるカナブンを追い払っているのです。うーん、マメコガネの住み処を奪った復讐でもされているんだろうか。
いずれにせよ、蚊取り線香の効果はわからず。残念。
+ ………・…………・…………… + ………・…………・…………… + ………・………+
ランキングに参加ランキングに参加中ランキングに参加 一日一回クリックのご協力にお願いします 私
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ ←クリックFC2 Blog Rankingへ ←クリック
+ ………・…………・…………… + ………・…………・…………… + ………・………+
| 就農計画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top |
耕耘にまつわる幸運の話
2010/07/24(Sat)
夫土曜に待ちに待った耕耘を終えてやろうと、昨日市内の大きなホームセンターに耕耘機を借りに行った。市内には初めて行ったことになるが、ホームセンターやスーパーがいずれも超大型なのに驚いた。いやあ、さすが県庁所在地。ナメてはいけません。
お目当てのホームセンターも端から端まで歩くのが大変なほど広く、カートに乗って移動したいほど。いろいろなものが数多く置いてあって、近くにあったら便利だろうなあ、としばし羨望に耽る。
カウンターに行き、予約の名前を告げると、「あれ?」とちょっと不安になるほどの可愛らしい耕耘機を案内される。うーん。今までに使ったことがあるのとはえらい違い。こんなので耕せるのかなあ。一応、契約書には「10馬力」とある。
店員さんが気さくな人で、「1反ほど耕すんですけど大丈夫ですかね?」と言うと、「1反!? そりゃ3日はかかるんと違うか?」と驚いて、「まあ延長はできるからな、頑張ってみなさい」とアドバイスをくれた。この大きさじゃあ、やっぱり無理なのか?
ともかく、レンタル代金の3,000円(1日分)を支払い、軽トラの荷台にレンタルしたその耕耘機を載せ、その日は帰った。途中、はじめての和歌山ラーメンというものを食す。ベースは醤油豚骨で、わりあいに食べ慣れている味だが、細麺なのに少し違和感。でもおいしい。

そして今日、少し早起きして6時半に出発。軽トラの荷台から耕耘機を降ろすのに少し苦労していると、道端を走っていた軽バンが停まり、お兄さんふたりが「手伝おうか?」と声をかけてくれた。「いやあ、大丈夫ですよ」と一応
断ってみたものの、「手伝う手伝う、これは重いやろ」と車から降りてくれて、私とそのお兄さんふたりの3人で降ろした。「じゃあ頑張ってや」とスマートに言い去るおふたりに、われわれはただただ頭が下がるばかり。本当にありがとうございました。助かりました
さて、朝からの親切に気をよくした私は、きれいな朝日を浴びながらいよいよ耕耘機のスイッチをオンにして、畑を走らせた・・・が、いきなりつっかかり、これまでに撒布してきた有機物を引きずりながら、地面を掘り起こすこともなくのろのろと進むばかり。地面を耕すというか、地面を擦っているだけ・・・。なんじゃこりゃ?
つまり、レンタルした耕耘機は、「既に耕耘されている畑」を耕す用途のためにあり、私たちの畑のような数年耕されてもこなかった、いわゆる耕作放棄地には全く向いていないということだった。はい、3,000円と和歌山市までの往復の時間と燃料が1分でパー。

どうしようか、と用意してあった第3プランに取りかかることにする。実はホームセンターで耕耘機をレンタルするというのは第2プランだったのだ。第1プランはヤンマーに10馬力のトラクターをレンタルするというものだったのだが、1日20,000円という予算に尻込みし、取りやめていた。
第3プランは、やはりわれわれに親切にアドバイスしてくれる隣町のお百姓さんを頼りにしたプランで、その方に電話をしてみると、しばらくしてから、(お仕事中にもかかわらず)わざわざ私たちの畑にまで足を運んでくれ、その状態を見てくれた。なんでも、ご親戚の方でトラクターを持っている人がいて、その人に頼めば、耕してくれるかもしれないと言う。なんという幸運!
「連絡しておくよ」と言ってその人はとりあえずその場を去り、数時間してから、そのご親戚の方から電話が入り、来週の土日のどちらかに、(時間が空いていれば)やってくれるかもしれないということだった。一度ご挨拶に伺います、と言ったら、「いや、一度会ってるよ。○○さん(紹介してくれた方)のところでキュウリ手伝いに来てくれた子たちやろ?」と言うので、ああ、あの人だったか、とちょっと驚く。いやあ、繋がってるもんですなあ。大雨の日だったけど、手伝いに行って本当に良かったよ、とあの日の私たちを褒めておく。
ということで、耕耘は少なくとも来週までに持ち越し。だが、結局はうまく行きそうでなにより。教訓としては、耕作放棄地の耕耘はトラクターの方がよいということかも。小さな耕耘機じゃ、とてもじゃないけど歯が立ちませんや。
+ ………・…………・…………… + ………・…………・…………… + ………・………+
ランキングに参加ランキングに参加中ランキングに参加 一日一回クリックのご協力にお願いします 私
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ ←クリックFC2 Blog Rankingへ ←クリック
+ ………・…………・…………… + ………・…………・…………… + ………・………+
| 就農計画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top |
期待してますよ、耐油性くん
2010/07/22(Thu)
夫研修先で事あるごとに非難されるのが、ホームセンターでの購入品。いや、別にすべてが非難されるというわけではないが、消耗品ではなく耐久財でよくそのことが言われる。その代表格がホームセンターで草刈り機を買わない方がいいですよ、というアドバイス。
これは以前にも書いたことだと思うが、メーカーのものでなければ、何年か経つと部品の取り寄せが不可能になるし、そもそも耐性が低いというのがその根拠で、たしかに研修生のうちにも、買って大失敗だったという人もいた。すぐ壊れてしまうので直すあいだ仕事ができない、という理由でなるほどもっとも。まあ、実際の草刈りの使用頻度に応じて選択すればいいことで、なにもすべてホームセンター製のものがよくない、ということではないのだろうが。
草刈り機はいいのだが、研修生のあいだでそれよりも話題にのぼるのが、長靴のことで、だいたい二人に一人の割合くらいで、既に「穴あき」を経験しているのではないか。かく言う私も既に二足、穴をあけてしまっている。値段はそれぞれ780円、1,280円くらい、どちらもホームセンターのオリジナル。
他にわづか1週間で穴があいてしまったという方もいて、「すごく悔しい、ショックや」と言っていたがその気持ちはとてもよくわかる。たとえいくらで購入しようと、それが壊れたりすると気分が滅入るもんです。
で、研修先の先生のアドバイスも参考にし、今度こそはと思ってホームセンターではなく普通の靴屋に行って長靴を購入した。それがこれ(↓)。
DSC029882.jpg

私が購入したのは黄色の方だが、「耐油性」というやつでなんでも相当に丈夫らしく数年は履けるということだ。価格もほぼ倍で、2,800円。妻もちょうど長靴の交換期だったので(妻はひとつ「穴あき」にしている)同じく22.5cm の耐油性長靴を購入。久しぶりにいい買い物をした気がして満足。
安物買いの銭失いとは本当によく聞く言葉だが、この長靴もすぐに穴があいてしまって、「高物買いの銭失い」にならないことだけを祈ります。これに穴があいてしまったら、ほんと「ショック」なんてもんじゃないと思う
+ ………・…………・…………… + ………・…………・…………… + ………・………+
ランキングに参加ランキングに参加中ランキングに参加 一日一回クリックのご協力にお願いします 私
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ ←クリックFC2 Blog Rankingへ ←クリック
+ ………・…………・…………… + ………・…………・…………… + ………・………+
| その他のコーナー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top |
鶏糞(けいふん)撒き奮闘日記
2010/07/21(Wed)
私月曜(祝日)も丸一日作業をし、昨日も研修から帰ってきてから一時間半ほど作業をするが、未だ終わらず。
だけどあともう少し。10山ほどあった鶏糞の山は残り一山に。今日は研修が午前中だけなので、午後から二人で撒けばなんとか終わるかな…
IMG_4290.jpg
↑「えいやー」
(写真に移っているのは夫ですが、夫は草刈部員だったので今のところほとんど鶏糞撒きはしていません。)
私の掌はスコップの持ち過ぎで豆が出来ていますよ~。
鶏糞って山の表面だけが乾いて、スコップをグサって差し込むと、中はグニョグニョ。表面が膜のように固まってしまっていて中は乾燥しないんだなぁ。ダンプで運ばれてきた時はサラサラだったのに長い雨のせいでこんなふうになってしまった。サラサラ~と撒いていたころが懐かしい。今はドボンって落ちる。鶏糞は撒く直前に少しずつもらうにかぎる。
IMG_4120.jpg
↑before ↓after
IMG_4244.jpg

あと、もう一頑張りです。
+ ………・…………・…………… + ………・…………・…………… + ………・………+
ランキングに参加ランキングに参加中ランキングに参加 一日一回クリックのご協力にお願いします 私
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ ←クリックFC2 Blog Rankingへ ←クリック
+ ………・…………・…………… + ………・…………・…………… + ………・………+
| 農業日誌 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top |
ナイロンコードの効用とか雑草の葉の強度とか毒の沼のこと
2010/07/19(Mon)
夫昨日は、朝にいろいろと支度をしていたもんだから、結局10時からの作業となり、妻の記事にもあったように、私が草刈り担当、妻が鶏糞撒き担当という役割分担で作業実施。
草刈りも、あまりにも草の丈が長くなってしまったもんだからはじめは鋸歯で挑んでいたのだが、それだとカッターを何往復もさせなければならなくなり、疲労が蓄積。どころか、あまり効率がよろしくない。
普通なら背の高い草でも上部と根元を切って「はいおしまい」とすればいいのかもしれないが、茎が肥大化しすぎってしまっているため、それだけでは醗酵がなかなか進まないのではないかと仮説を立て、できるだけ微生物が付着しやすいよう傷口を多くつけるためにえいや、えいやと草刈り機を左右に振る。
それなら、いっそのことナイロンコード(ピチピチ)にすればいいか、と歯を交換し、実行。当初は切りづらいかもしないと不安だったが全力で回転させれば問題はなかった。しかもこの方が葉や茎や根などいろいろな部分に傷をつけることができるので、より微生物の付着を促すことができ、醗酵が早く進む(仮説)。
面白いことには、道路傍の砂利っころに生えている雑草の葉がひどく簡単に飛び散る。これは、今までなんだかんだでいろいろなものを投入してきた畑に生えている雑草と比較しての印象だが、前者は栄養が少なく、また根を伸ばす土壌が少ないために葉も強度(?)が足りないのではないかとこれまた仮説。というより、このくらいの葉のもろさが普通か?
鶏糞の撒き具合によっても雑草の育成程度が異なっていることも面白い。
丁寧に満遍なく撒布していたところはすごい繁茂っぷりを見せているが、どかんと撒いたところは酸素欠乏のせいか草木が生えておらず、そこに先日までの長雨で溜まった水に少しだけ苔が生えて、なんだかドラクエの「毒の沼」みたい(画像の赤丸で囲ったところ)。
dokunuma.png

途中、私だけ抜け出して製材所に樹皮を取りに行ったが、一回行って戻ってくるだけで一時間半もかかってしまった。ついでということで、今まで樹皮を完全に撒けていなかったところに撒布。これは先週の外部研修で習ったことで、「鶏糞を撒くのであれば、同時に同量の有機物質を撒布しないと土壌が硬くなってしまう」という農家さんのアドバイスによる。
そのあいだも妻はほぼノンストップで鶏糞撒き。その動きはカタツムリのように遅々としているように映るが、休まないために着実に進捗している。
結局、作業をやめにしたのは19時半で、なんとか予定通りには収めた。今日は朝ご飯をちゃんと食べ(これが昨日からの反省。あまり食べずに、しかも昼食はおにぎり1個だったため、途中でエネルギー不足を痛感した)、これから作業へ向かう。なんとしても今日中には鶏糞撒きを終えたい。でなければトラクターによる耕耘がどんどんと日延びしてしまう。
+ ………・…………・…………… + ………・…………・…………… + ………・………+
ランキングに参加ランキングに参加中ランキングに参加 一日一回クリックのご協力にお願いします 私
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ ←クリックFC2 Blog Rankingへ ←クリック
+ ………・…………・…………… + ………・…………・…………… + ………・………+
| 就農計画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top |
久しぶりの鶏糞野郎
2010/07/18(Sun)
昨日は久しぶりの晴天だったので、雨でずぅっと中断していた鶏糞撒きがやっと再開できました。

IMG_4160.jpg
いざ鶏糞を撒こうと思っても雑草が邪魔で撒けない。雑草が私の腰の位置を超え高い所では肩の高さぐらいまで伸びまくり。夫が雑草を刈り、私が一輪車とスコップを用いてえっさほっさと撒きました。
金曜日も雨は降っていなかったので、鶏糞が乾いていると思っていたのだけど、全然乾いていない。こんなに晴れていて太陽の光も当たっているのだから、まぁそのうち乾くだろうと思いながら作業をしていたのですが、結局夕方までグニョグニョのままでした。鶏糞って一度濡れてしまうと乾きにくいんだなぁ。

出来ればこの三連休の間に全ての鶏糞を撒いてしまって、来週の土日にトラクターを借りてきて鋤きこんで(耕うんすることです)しまいたい。土の中に鶏糞を入れてしまって、土の中で発酵させるというもくろみ。涼しくなると発酵のスピードも遅くなってしまうので、この一番暑い時期に鋤きこんで発酵を促す。耕うんは、土が乾いている時がいいので、(土が濡れていると、粘土をこねるみたいになってしまって土が塊になってしまう。)このまま雨が降らなければ来週の土日が最適なので、今日・明日が勝負どころです。
といっても今日はオガクズをもらっている製材所に樹皮をもらいに行くことになっているので、いつもは夫と二人で一日がかりの樹皮収集作業を、今日は夫が一人で行い、私が鶏糞撒きに専念する予定です。
+ ………・…………・…………… + ………・…………・…………… + ………・………+
ランキングに参加ランキングに参加中ランキングに参加 一日一回クリックのご協力にお願いします 私
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ ←クリックFC2 Blog Rankingへ ←クリック
+ ………・…………・…………… + ………・…………・…………… + ………・………+
| 農業日誌 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top |
外部研修終了&スペインのこと
2010/07/17(Sat)
夫昨日(金曜日)をもってやっと一週間の外部研修を終えた。
「やっと」というのは、受け入れ先の農家さんの相当な気遣いがあったのにもかかわらずやはり緊張がつづいたための感想である。それが終わって、「やっと作業に慣れてきたのに」という寂しさと「どうにか致命的な迷惑をかけずに済んだ」という安堵を、ちょうど半分づつくらいに感じている。
外部研修ならではの経験というのは、たとえば「商品の作り方」であり、袋詰めするときのうまいやり方やその作業効率の高め方などは、教科書には当然載っていないことだし、また普段の研修機関でもわりあい軽んじられている部分だが、実際にレジを通らなければ自分たちが作ったものが「商品」にならないことを考えてみれば、栽培方法を教わるのともしかしたら同程度の価値があるのかもしれない。
受け入れ農家の方は比較的若い方だったので、いろいろと失敗談を教えてくれたが、それがかなり勉強になった。
普段の研修先では、「こうするとうまく実が生るんだよ」とか「ああすれば枯らさずに済むよ」などとはよく聞くが、それがなぜかまでは考えられないし、たとえ質問をしたとしても、先生方の解答を100% 理解しているとは言えない。つまり、「まあ、そういうもんなんだな」程度の認識で思考を停止させてしまっているというのが寂しい実状なのだが、「こうしたから失敗したんだよね」という内容をその経験者からじかに聞くと、話が違ってくる。
結局は現象を成功方向からではなく反対方向から捉えているだけなのだが、それでも失敗談というのは比較的重いリアリティをともなって共有できるものなのかもしれない。
師匠の畑で何気なく普通に生育しているように映っていたホウレン草が、ちょっと温暖な地域ではなかなか育てにくいということもわかったし、師匠が「簡単簡単」と言っていたのを額面通りに捉えていたのが大きな過ちだということもわかった。それもみな、「失敗談」と実例を目の当たりにしたせいだ。ま、こう書いておきながらやはりどこか他人事という気持ちがあるものだから、同様の失敗を行い、「あ、あのとき言っていたことはこういうことだったんだ!」という思いをするであろうことは想像に難くない。

金曜の夜は、訪西(スペインは西班牙だから)から戻ってきた妻の友人と三人で会うことになり、彼女のご実家が経営されている割烹へお邪魔した。
お品書きにあった「本日のおすすめ」には「ノドグロの開き」とあったので矢も楯もたまらず註文。その他に、私と妻それぞれが寿司定食を頼み、あとはアサリの酒蒸しも一椀。
はじめはビールを頼んだのだが、友人がその場に到着してからは、持参した赤ワインを一緒に飲んだ。
ノドグロはめちゃくちゃ脂が乗っていてうまかった。寿司をつまむのも久しぶり。アサリも出汁まですべて飲んでしまった。
飲んだワインは、メルシャンのメルロー&マスカット・ベリーA。ただしヴィンテージがちょっと古くて2003年

wine_convert_20100718010756.png

ちょっと昔に京都のワイン屋で教えてもらったのは、どんなワインでも最低5年は寝かせること。赤だったら7年は寝かせたいって言っていたような気が。近所のスーパーで置きざらしになっていたものを「救出」したのが「当たり」だった。価格は1,200円。普通だったら2007年ものくらいが置いてあるはずなんだけど。
色味も深めの赤になっていて、若々しいニュアンスはなく、ほどよいコクが。時間が経っても劇的な変化は起こらなかったが、疲れずに飲むことができた。充分充分。
そういえば、この附近にはなぜか「ざらし系」のワインが多くて、こういう「早飲み系」の2000年ものとかが平気で置いてあったりして驚く。値段も据え置きだし。今度買い揃えておこう。

スペイン話はとても面白かった。偶然にも史上初のW 杯優勝に居合わせたりして、なかなか幸運に恵まれた留学だった様子(ただし、ご当人はサッカーに興味はなかったそう)。
なんだかその話を聞いていたら、途端に「ゲルニカ」と「サグラダ・ファミリア教会」を観に行きたくなった。特に前者はニューヨークの国連本部に置いてあると思っていたのだが、マドリッドにあるというじゃないか。来年になったら悠長なことは言ってられなくなるだろうから、今年のうちに、一念発起してスペインに遊びに行くか。そう妻に言ったら、「ひとりでどうぞ」だって。思案中。
+ ………・…………・…………… + ………・…………・…………… + ………・………+
ランキングに参加ランキングに参加中ランキングに参加 一日一回クリックのご協力にお願いします 私
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ ←クリックFC2 Blog Rankingへ ←クリック
+ ………・…………・…………… + ………・…………・…………… + ………・………+
| 研修編 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top |
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。