スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
+ ………・…………・…………… + ………・…………・…………… + ………・………+
ランキングに参加ランキングに参加中ランキングに参加 一日一回クリックのご協力にお願いします 私
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ ←クリックFC2 Blog Rankingへ ←クリック
+ ………・…………・…………… + ………・…………・…………… + ………・………+
| スポンサー広告 | page top |
続々と発芽
2010/05/30(Sun)
私借りている畑の方に植えたものが続々と芽を出しています。
水やりは全くやっていなくて雨頼みでしたが、無事発芽しました~

IMG_4002.jpg
↑エダマメ
IMG_3999.jpg
↑ツルナシインゲン
IMG_4001.jpg
↑トウモロコシ

成長が楽しみです~。
+ ………・…………・…………… + ………・…………・…………… + ………・………+
ランキングに参加ランキングに参加中ランキングに参加 一日一回クリックのご協力にお願いします 私
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ ←クリックFC2 Blog Rankingへ ←クリック
+ ………・…………・…………… + ………・…………・…………… + ………・………+
| 家庭菜園 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top |
軽トラ半横転
2010/05/29(Sat)
夫ちょいと時間は遡って、25日火曜日のこと。
製材所に行って樹皮を回収。結果、およそコンテナ150杯分の樹皮を移動させた。筋肉が疲労した、というか、コンテナを何度も何度も持ち上げしたせいで、指の筋肉痛みたいなものになってしまい、軽トラのハンドルを回すのさえイヤなほど。まあそんなことはいつものこと。
畑に樹皮を降ろすとき、ふだん走ったことのない畦に軽トラで入り、そこからコンテナを運んだ。少しでも負担を軽減させるためである。無事、一回分コンテナ33杯を降ろし終え、さて製材所に戻るか、と軽トラをバックで走らせた。初めて入った場所なので轍ができておらず、くわえて既に伸びてきた雑草でいまいち直線が取れない。しかも国道がすぐ右手に走っているためにガードレールおよび電信柱がわりと近い。邪魔だなあ・・・あれやっぱり電信柱に近づき過ぎてるや、これじゃミラーが当たるな。いったんストップ。ロー。ハンドルを左にしてアクセル。ストップ。ハンドルを戻してバック。・・・あれ? ちょっと左過ぎるか。これじゃ畑に落ちるな。もう一度、ストップ。ロー。ハンドル右、アクセル、ストップ。ハンドル戻してバック・・・ととと、またぶつかりそう・・・あ! 滑った。あれ、まずい。ちょっと傾いてない? 車体左側が少し「浮き」気味。ロー。アクセルを踏むが、空回りする音。シャシャシャシャシャッ! 妻に降りてもらい。状況を確認してもらう。
「あかん、落っこちそう落っこちそう・・・」
焦る。四駆モードになっているのを確認。アクセルを踏み、ゆっくりとクラッチを上げて・・・も畦に戻れない。どころか、徐々に徐々に滑っていくのがわかる。ずずずず・・・がん。鈍い音。
畦の高さと言っても80cm ほどなので怪我などはするはずもないが、代わりに車がキズを負った。運転席ドア下部にガードレールの支柱がめり込み、擦った。あーあ。
慎重な運転は車体にキズがつかないためだったので、もう迷いがなくなった私は今度こそ勢いよく脱出を試みたが、その思いはかなわない。妻によれば、いくらアクセルを踏もうと泥濘にはまった車輪が空回りを起こすばかりで、挙げ句に煙りまで上げてちょっとキナ臭いほど。最初は、ちょっとキズがつくくらいで問題ないだろうと甘く見ていたが、本当に抜け出せないことに気づいて、ちょっとショックを受ける。これ、場合によったらクレーンなんかで吊り上げたりする必要が出てきたりして。
うーん弱った、どうしよう?
妻が損保会社に連絡すると言い出したのだがちょっとそれは待てよ、と制した。こんなことで金を取られたって面白くないからなあ。といって、脱出する術があるわけでもない。
ふと地主さんが今日も畑の土手裏の方に来ていることを思い出したので急いで呼びに行く。亀の甲より年の功、こういうのは年長者に訊くのが一番。
「すみません。軽トラを畦から落っことしてしまいました。うまく上げる方法ご存じですか?」
うちの地主さんは本当に自慢できるくらいの優しい人で、「そうかあ? ほんならちょっと見てみよか」と二つ返事。
「おー、ほんまやなあ。これ上がらんか?」
「はい。ぬかるみでタイヤが空回りするだけなんです」
「ほんなら押してみるから、アクセルかけてや」と、おそらく御年七十は超えようというのに自ら軽トラ押しを申し出てくださる始末。そりゃあ悪いなあと体面を気にしている場合ではないので、遠慮なく再び車内に戻り、アクセルを踏み、クラッチを上げる。「せーの!」・・・やはり動かない。
そこへプップッ、と車のクラクション。見ると軽のバンから若いかっこいい感じのお兄さんが出てきて、「あれなにしとん?」
「おー○○さんかい。軽がな、落ちてしもて上がれんようなってしもたんや」
「こらずいぶん難儀やな、押してみたか?」
「いま押してみたけどひとりじゃ無理や」
「よっしゃ、おれも押したるよってにな」
ということで、地主さんとは知り合いの通りすがりの方も助力を申し出てくださった。再び感謝。
「せーの!」
少し車体が左側に戻る。
「せーの!」
お、なんかいい感じ。
「ハンドルもうちょっと真ん中にしよか」
お兄さんが声を掛けてくれる。
「せーの!」
ブルン、ブルンブルンッ! 鈍い音を立ててタイヤが地面を噛み、勢いよく車体が畦を上がった。やったーっ!

聞けば、そのお兄さん(大阪の方らしい)は私と同年代くらいに思っていたが、実際は十ばかり上のよう。
「いやね、ここは隔日で通るからな、その度に『若い子らが畑におるなあ』とは思てたんや。そうかあ、横浜から? えらいなあ、頑張りやあ。応援するで」
ただでさえ軽トラを助けてもらったので頭が上がらなかったのだが、応援までしてくださって大感謝。なにを言っていいかすらわからない。10分ほど話したあと、そのお兄さんは帰り、また、地主さんは自分の仕事の方へと戻っていった。
大トラブルに見舞われたのは事実だが、それ以上に嬉しい気持ちになれた日だった。
+ ………・…………・…………… + ………・…………・…………… + ………・………+
ランキングに参加ランキングに参加中ランキングに参加 一日一回クリックのご協力にお願いします 私
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ ←クリックFC2 Blog Rankingへ ←クリック
+ ………・…………・…………… + ………・…………・…………… + ………・………+
| 農業日誌 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top |
鶏糞(けいふん)登場!
2010/05/28(Fri)
私昨日午前中、以前からアポを取っていた養鶏場から鶏糞が届きました。

2tダンプでやってきて、そのまま畑の真ん中にバザーっと降ろしてもらいました。
いや~2tダンプっていいな~。今まで樹皮なり落ち葉なりを軽トラにえっさほいさと自分たちで乗せてはまたえっさほいさと降ろしていたわけだけど、ダンプだとボタン一つ(?)でいっきに降ろせるんだから。バザーっと一瞬の間に降ろされる様子は見ていて爽快でした。
で、降ろされた鶏糞はこちら↓
IMG_3993.jpg
ほえ~。鶏糞って土のようなかんじです。
(何やら、ダンプに積む際に、積むための機械の調子が悪くなったとかで、2tダンプの1/3の量しか乗せられなかったそうです。)
養鶏場の方では鶏糞の処理に困っているらしく、今後もいくらでも持ってきてくれるそうです。

午後からはこれを畑に散布しました。夫が一輪車に乗せて運んで降ろして、私がそれをスコップで広げるという作業を繰り返しました。私は黙々と作業をするわけだけど、夫の方は臭いに耐えきれず時たま休んでいました。
まぁ臭いますが、思っていた程ではないかな(私は)。
今はまだ栽培しないので、未熟なものを直接畑に撒いていますが、来年からはきちんと完熟つまり堆肥化させてから使用します。

ちなみに、写真後方に写っている茶色の点々とした山は樹皮です。散布前の様子。
+ ………・…………・…………… + ………・…………・…………… + ………・………+
ランキングに参加ランキングに参加中ランキングに参加 一日一回クリックのご協力にお願いします 私
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ ←クリックFC2 Blog Rankingへ ←クリック
+ ………・…………・…………… + ………・…………・…………… + ………・………+
| 農業日誌 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top |
研修に合格
2010/05/27(Thu)
私農業研修機関の選考に合格しました~。
先週の金曜日に面接があり(緊張したぁ)、昨日通知がきました。まぁ夫の方は男性だし合格するだろうと思っていましたが、私も無事合格できてよかったです。
といのも、この研修はけっこう人気があり、昨年度は倍率が2倍だったからです。人気の一つとしてたぶん挙げられるのが、失業保険を受給しながら研修を受けられること。我々もふつうなら6月2日で失業保険が支給終了になるところを、この研修を受講することで、引続き研修が終了するまで支給され続けます。
もし、私だけ落ちていたら、私の分の失業保険が終了してしまうので慌てて仕事を探し、車ももう一台購入を検討する必要がありましたが(研修機関までは車で通学予定)、収入も安定し夫と行動を共に出来ることで効率よく生活を維持出来ます。
研修期間は6月2日から1月末までの8ヶ月間で、平日は毎日朝から夕方まであります。
どんな人たちが集まっているんだろう
+ ………・…………・…………… + ………・…………・…………… + ………・………+
ランキングに参加ランキングに参加中ランキングに参加 一日一回クリックのご協力にお願いします 私
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ ←クリックFC2 Blog Rankingへ ←クリック
+ ………・…………・…………… + ………・…………・…………… + ………・………+
| 就農計画 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top |
珍味? カエル丼とカエルのキャベツ巻き
2010/05/26(Wed)
夫外にひび割れていたどんぶりを置いておいてしばらく忘れていた。今日、ゴミ捨てに行こうとそのどんぶりをひさしぶりに覗いてみたら・・・
画像+005_convert_20100526170120
ん? なんだこれ?
画像+008_convert_20100526170232
お?
画像+009_convert_20100526170407
やっぱりカエルだー。かわいい。アップで撮させてくれー、と接近すると・・・
画像+010_convert_20100526170604
決死のダイブをして逃げてしまいましたとさ。

このあと、裏庭のキャベツを見に行った。雨つづきだったのでしばらく見ていなかったけど、どうなっているんだろう・・・。
画像+016_convert_20100526170912
うわー。虫に食われまくってぼろぼろだ。ひでえ。あれ? なんかいるか? 近づいてみると・・・
画像+017_convert_20100526171000
葉の上にカエルがいた。これもかわいいなあ。こいつはいくら近づいても逃げない。寝ていたのかな。
+ ………・…………・…………… + ………・…………・…………… + ………・………+
ランキングに参加ランキングに参加中ランキングに参加 一日一回クリックのご協力にお願いします 私
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ ←クリックFC2 Blog Rankingへ ←クリック
+ ………・…………・…………… + ………・…………・…………… + ………・………+
| その他のコーナー | トラックバック(0) | コメント(2) | page top |
一粒200円の梅干しのお味は?
2010/05/24(Mon)
私土曜・日曜と和歌山県田辺市に行ってきました。
田辺市に住む友達が家を建てたということで、京都に住む友達と一緒に新築祝いの為に訪れました。日曜、せっかくここまできたのだからと、熊野古道中辺路に行く予定が、天気はあいにくの雨。結局、午前中いっぱいはその友達の家でゆっくりし、午後から白浜にある「とれとれ市場」というところにに連れて行ってもらって帰ってきました。

お土産に、夫の大好物の梅干しを購入。
IMG_3992.jpg
↑1パック490円。「つるのひと声」と「おとめのなみだ」(写真は夫が少し食べた後)
夫にはまずこの2種類を食べてもらい、それから下の高級梅干しを食べてその値段を当ててもらうことにしました・・
IMG_3984.jpg
↑ダイヤモンド梅。
夫:「300円?」
私:「ぶー、200円。やっぱり味違う?」
夫:「手が込んだ味がする。こりゃ、売ってたら一度に5つくらい買ってしまうなぁ」と。
私は食べていないので分からないのですが、とっても美味しいようです。自分の分も買ってくればよかった~。
+ ………・…………・…………… + ………・…………・…………… + ………・………+
ランキングに参加ランキングに参加中ランキングに参加 一日一回クリックのご協力にお願いします 私
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ ←クリックFC2 Blog Rankingへ ←クリック
+ ………・…………・…………… + ………・…………・…………… + ………・………+
| 果物・野菜・その他レポート | トラックバック(0) | コメント(2) | page top |
百姓一年生であるという実感
2010/05/24(Mon)
夫さてさて。昨日も今日も雨が降ってしまい、これじゃあ大好きな農作業ができないじゃないか、まったく。仕方がないので家に籠もりだらだらと過ごす。
土曜日のことでも書こうか。
朝、地区長さんからいくつかの苗をもらった。キャベツ10本、キュウリ6本、サニーレタス4本、ナンキン(かぼちゃ)2本。
もう裏庭には余裕がないので畑に植えることになった。妻は友達とちょっとした旅行に出かける直前だったが、「囲み畑」の中の管理はすべて妻がやっているので、どこにどれを植えるというのは妻に決定してもらう必要があった。時間との戦いになりながら、「あっち耕して、こっち耕して」の指示のもと、鍬を振るう。えっさかほいさ。
1時間もしないうちに上記の苗をすべて植え終わった。やれやれ。ところが、ここにひとつ大きな問題がある。
というのも、こちらの畑(来年から本格的にわれわれの収入のベースとなる畑)にはまだ灌水施設が整っていない。そのために、水やりが非常に困難になってしまうということだ。
ある程度だったら、裏庭で水をなにかに汲んでから畑に持って行き、撒くということもできなくはない。しかしその運搬する水の量が大量ともなると、はっきりいって面倒臭い。やりたくない。どうしよう?
これから梅雨に入るため、しばらくのあいだは大丈夫だろう。でもその後。真夏に水なしじゃかわいそうだもんなあ。ちゃんと育たないぞ、こりゃ。ということで、真夏までには灌水施設を整える、ということになった。実際にちゃんと計画があるわけじゃなく、整っていたらいいなあ程度である。
妻をそのまま最寄りの駅(軽トラで20分くらいですが)まで送り、そのあと私だけ畑に戻って、樹皮撒布担当相としての仕事をこなす。ひとりで作業をすると終わりが見えない不安から、効率も落ちる。不安を吹き飛ばすためにでっかい声で歌っていたら、畑そばの国道をゆっくりと走るライダー(ここらは結構ライダーが多い)と目が合った。お互い気まずい感じ。こんちは、と会釈をしたら向こうも返してくれて、そのまま走り去ってくれた。帰ったらブログに書かれたりするのかな。「今日、畑でひとりデカイ声で歌っているやつがいましたよ」というふうに。
午後は雨が降るという予報があったので、玄関に置きっぱなしだった草刈り機を軽く雑巾で拭き、庭の雨除けの下に片付けた。その他の細々としてものもある程度は片付けたものの、日々作業に使うためどうしても片付けられないものたちは残る。ああ、作業小屋を作ればこれがなくなってずいぶん広くなるだろうなあ。
……と思っていたら新聞で作った小さな包みを発見。なんだこりゃ? 開けてみると、なにかの種。あ。隣のおばあさんからもらったキュウリの種だ。「うまいもんができるで」と8回くらい言われてもらったやつで、おそらく相当うまいもんができるのだろう。これを植えるのを忘れていた。植えに行こうかなあ・・・とそのちょうどいいタイミングで、雨がぱらぱら。ああ、こりゃあ雨が止んでからだなあ。
というわけで、畑の方の囲みの中も、当初は「あまり手を入れていないから今年は放っておこう」という方針だったが、なんだかんだで賑わってきた。一番の古株であるジャガイモは酸度調整なし追肥なしのスパルタ栽培ながら順調に育っているし、放任しっぱなしのサトイモも「忘れんなよ」とばかりに最近芽を出してきた(?)。新入りたちも、過酷な環境の中、特に脱水症状に悩みながら、それでも順調に生育していくことだろう。雑草以外のものが育っている畑を見ると、なんだか「らしく」なってきたことを実感。ただし味の保証はないけどね。
+ ………・…………・…………… + ………・…………・…………… + ………・………+
ランキングに参加ランキングに参加中ランキングに参加 一日一回クリックのご協力にお願いします 私
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ ←クリックFC2 Blog Rankingへ ←クリック
+ ………・…………・…………… + ………・…………・…………… + ………・………+
| 家庭菜園 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top |
田舎における初夏の装い
2010/05/22(Sat)
夫さて。そろそろ日中の最高気温も普通に20℃ を超えるようになったので、厚着から軽装へと衣更えをしようということになり、ガマ口に100万円の札束を突っ込んでいくつかのショップを回ってみた。

1. 帽子
なんといっても紫外線対策はアンチエイジングの要なので、つばの大きめなものをセレクトしたい

帽子と言ったらまずはボルサリーノを当たるべきだろう。
ボルサリーノ_convert_20100522210744
ボルサリーノ「パナマ・フィノ」(税込価格 56,700 円)
白が作り出す軽やかさと黒のリボンが生むシックさがそのまま高品質を謳っている

だが、通気性に少し難があるのではないかと思い直し、ここらでは誰ひとりとして知らない者はいないセレクトショップを訪ねてみた。
店長ご自慢の商品が入り口近くに置いてあり、その抗いがたい魅力が私を捉えて離さなかった。購入。
IMG_0597_convert_20100522183905.jpg
コーナン「いぐさカウボーイハット」(税込価格 398円)
編み込みのシンプルさが、本商品の特化した価値である軽快さを醸成している

2. 靴下
ストレスのない歩行を実現するため、適度な厚さと通気性の良さとのバランスが重要

靴下と言えばコーギのソックスを履いてみないことには始まらない。
コーギ_convert_20100522190953
Corgi "Pure Cashmere Prince Of Wales Cable" (£55 ≒ 7,150円)
さすが英国王室御用達、120年弱の歴史が風格を表している

しかし、これまた通気性に少し難があるのではないかと思い直し、品揃えでは地域でどこにも負けない有名セレクトショップにふらり立ち寄ってみた。ここで私は運命的な出会いをした。一目惚れというやつである。購入。
gunsoku.png
ケーヨーD2「かかと付き5本指軍足4組パック」(税込価格 498円)
※写真はイメージです
5本指という世界でも他に類を見ないデザインにより、唯一無二の快適性を実現

3. 靴
冬場に酷使した長靴に取って代わるような、圃場を歩き回っても疲労しにくい意匠を狙いたい

足下をドレッシーに見せたいならオールデン以外に選択肢はない。
オールデン
Alden "Cordovan Chukka Boot"($605 ≒ 54,450円)
1884年からつづくクラフツマンシップは、その上質なコードヴァンと同じく今なお色褪せない

だが、これもどうしてかわからないが通気性に少し難があるのではないかと思い直し、ふと一流芸能人が広告塔となっている有名セレクトショップを訪れた。ちなみにその芸能人とはこんな顔をしている。
ikuzo.jpg
ここで私は、日本にも連綿とつづいてきた匠の技というものがあることを否応なしに思い出させられた。職人技の前に、私のこうべは自然と下がった。購入。
rikiou.png
力王「軽快地下たび」(税込価格 1,280円)
身軽さと利便性、そしてどんなシチュエーションにも合うファッション性を兼ね備えた奇跡の履き物
IMG_0589_convert_20100522204215.jpg
写真はある程度使用したもの
裏地は青色に見えるが本当は深紫で美しく、江戸の粋を表現している

IMG_0595_convert_20100522204317.jpg
近づいてみると「こはぜ」と呼ばれるホックのいちいちに「力王」と刻印されている
これも江戸の美学

IMG_0596_convert_20100522204714.jpg
さらに近づくと、日本の職人の証が読めるようになっている
ほら、MADE IN JAP・・・あれ? PHILIPPINES だ


と、このように贅の限りを尽くした衣更えだったが、野口英世2枚と小銭をちょっとばらまく程度で買い物を終えられたのは不思議としか言いようがない。
ともかくも、どうやらこれで暑い夏は乗り切れると思う・・・そう信じたい。
+ ………・…………・…………… + ………・…………・…………… + ………・………+
ランキングに参加ランキングに参加中ランキングに参加 一日一回クリックのご協力にお願いします 私
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ ←クリックFC2 Blog Rankingへ ←クリック
+ ………・…………・…………… + ………・…………・…………… + ………・………+
| 夫の告白 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top |
単純作業時の態度の違い
2010/05/21(Fri)
夫午前中に非常に大事な用があったので和歌山市内にまで行ってきた。遠い上にさらに道に迷い、しかも暑い。
帰って来たら二人とも精神的・肉体的疲労のため起きあがれず、そのまま仮眠……。
気づくと陽が傾き、なんとか涼しくなっていた。時計を見ると15時30分。「あーもう今日は畑作業は無理だなあ」と勝手に終了宣言しようとしたら、妻が野良作業の支度をしていて、「なに言っとん、行くで?」とやる気まんまん。昼寝時間かなり取ったもんなあ。

畑に行き、昨日コマツレンタルの方からアドバイスされたように、草刈り機で樹皮を切ってみることにした。
まず、樹皮の山からコンテナへと樹皮を移し、それを畑の任意の場所に撒布し、そこに草刈り機のブレードを高速回転させて入れてみる。チュイーン・・・あれ? もういっちょ。チュイーン・・・だめだ。切ろうとしている樹皮に刃が当たっても跳ねてしまうばかりで細かくなんてならない。残念。
いつまでも悔しがっていたって仕方がないので、手作業に移行する。切り替え切り替え。
コンテナを運び、手でざっと撒き、大きく腐熟しにくそうなものは別に分けておく。その分別した「長期熟成タイプ」たちは専用の山を作ることにし、以後はそこに置いたまま一年くらいかけて本当に堆肥化するまで待つ。
単純作業になると妻は忍耐強い。ずっと同じことをすることが苦にならないのだろう。手を伸ばして選別し、ときにむしり、それを撒く。それを黙って繰り返している。
一方私は、手を動かしながらずっとしゃべっている。
「やっぱりこの樹皮を堆肥化させるなんてのはそう簡単にはいかないと思うよだってほらこれ見てみなよこんなに堅くてほらここ厚いでしょこんなもんをそこらへんにぽいっとほうっておいたってそれが勝手に腐るまでにはそれ相応の時間がかかるって実感できるよなだからさあ今度鶏糞が来たらそっちの方にもちょこっとでいいから混ぜておいてそれで少し微生物の動きを活性化してやんないとなあそれからさ水のタンクの件なんだけどタンクが4KL って言ってたけどそれほんとに4KL なのかなちょっと怪しいんだよねだって縦が3m もあるんでしょそれなら○○さんのところで見たような6KL タンクの間違いなんじゃないかなタンクっていえばこのあいだ××町の畑に放置されていたホーロー製のタンクがペンキで10万円って書かれてたけどあれは外装がずいぶん錆びていたから中もちょっと心配だしだいいちどうやって運搬するかって問題があるよなあその運送料込みで10万ならまだいいけど追加料金がかかるなんていうなら新品買うのと大差ないよねそうそう思い出したんだけど・・・」という感じ。
妻はそれを聞いて「うん」とか「そやな」とか「どやろ」などと、ぼそっと言うだけであまり会話に気持ちが入らない。「ねえ、こういう作業をやっているとき、どういうこと考えてるの?」と訊くと、「なんやろ、わからん。なんも考えてへんな」と答えた。本当に? 考えないでいられない私とはほぼ正反対。

そうこうしているうちに陽が完全に落ちたが、まだ作業をつづけた。日中のもわんとした暑さが消えていて涼しくなっており、かえって作業がしやすい。快適さを感じているので多少暗くなろうと作業は続行した。そういえば、百姓は早起きで朝の5時から畑に行ってなんやかやする、というのをよく聞くが、さもありなん。それで10時くらいになったら一度帰ってきて14時まで休憩。それでからまた畑に行って、朝のつづきをするというのだが、たしかにその方が効率がいいのかもしれない。うちの前のおばあさんも、15時16時くらいから自転車に乗って畑に向かっているようだ。
半月だったが、高いところに月がかかり、陽が落ちてからずいぶん経っても柔らかい月光のおかげで手元足元くらいは判別できた。それでふたりとも作業に没頭してしまったのだが、ふと気づいて時計を見ると19時45分。まずい。夕飯食べてないじゃん。
とりあえず今日はここまで、ということで慌てて帰り支度をしながら今日の作業結果を見渡してみる。
・・・手で樹の皮をばらまく作業は思いのほか捗った気がしていたが、ちょっと離れたところから見てみたら「えー4時間もふたりがかりでやってこんなもん?」と思わずつぶやいてしまうくらいの面積しか処理できなかった。がっくり。だが、これを地道に秋口までつづけていかなければならない。それに、今日は少しコツみたいなものがわかったので次回からはもっと効率良く撒布することができるだろう。ふー疲れたなあ。
+ ………・…………・…………… + ………・…………・…………… + ………・………+
ランキングに参加ランキングに参加中ランキングに参加 一日一回クリックのご協力にお願いします 私
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ ←クリックFC2 Blog Rankingへ ←クリック
+ ………・…………・…………… + ………・…………・…………… + ………・………+
| 農業日誌 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top |
シュレッダー顛末記
2010/05/20(Thu)
夫昨日の予報では曇りのはずだったのに、結局一日中降ったり止んだりだった。こういう日は、「よーし今日はオフだ!」とハナから決めつけるわけにはいかず、野良仕事をしていないという罪悪感だけが少しづつ蓄積していく。午前中はそんなジレンマを抱えただらだら。
午後、いつもの製材所に行こうかとも思ったのだが、くだんのシュレッダーのことが気になったのでコマツレンタル(コマツの機械をレンタルしているところ)に連絡してみた。
電話に出た担当者はすごく感じのいい人だった。こちらがネットを見ながら電話していることを伝えると、それなら、ということでいまその支店にあるチッパー・シュレッダーの品名を教えてくれた。それが、これだ。

ゼノア SR110
SR110s.gif

う、なんか高そう。今までちょっと見ていたもの(だいたい新品で10万円以下のもの)とは格が違う。
「レンタルで、どのくらいなんでしょうか?」
「これだと・・・一日13,000円、プラス、それに盗難保険700円、それとですね、荷台から上げ下げするためのスロープを500円でレンタルしています」
え? 意外に安い・・・か?
「レンタルというのは、レンタカーみたいに、そちらの営業所に行って借りて、それでから自分のとこに持って行って使い、それからまたそちらの営業所に戻すのでしょうか?」
「そうですね」
なるほど。つまり9時開店~17時閉店であれば、7時間弱くらいはフルに使えるということだな。処理能力はどうなんだろうか。
「で、製材所でできる樹の皮を細かくしたいんですけど、そういうことは、この機械はできますか?」
「はい。おそらく樹の皮くらいだったら大丈夫ですよ」
「あの、結構細かいタイプなんですけど、そちらにあるのがもしハンマータイプの粉砕機だったりするとうまくチップにできないというのをどこかで読んだのですが」
「こちらのはカッタータイプだから大丈夫だと思うんだけどなあ。・・・あのう、もしよかったら、一度営業所に来てみませんか。実際にご覧になった方がいいと思いますよ」
「そうですね、じゃあさっそく今日伺いましょう」
ということで、いきなり予定変更。農機レンタル大作戦。

口頭では伝えにくかったので、レンタル会社に向かう途中、一度畑に行ってチップにしたい樹皮を採ってきた。そのとき畑に地主さんがいて、土手の近くでなにやら作業をしていた。おそらく草刈り関係の処理だろうが、うう、申し訳ない。本当ならこっちがしなきゃいけないのに・・・。礼儀上声をかけた方がよかったが、話が長くなってレンタル会社の人を待たせてもいけないので、気づかないふりをして早々に退散。すみません。

さて、道にちょっと迷ったがなんとか営業所を発見。なんだ。ここ何度も通ったことがあるぞ。
営業所に入り声を掛けると、先ほどの電話の担当者が。「あ、どうも。お待ちしていました」
すぐに駐車場に案内され、上記機械を見せてもらった。
ほうほう。これがその機械ね。われわれも満を持してサンプルの樹皮(5cm くらいの長さのもの)を見せる。
「こんなものをチップにしたいんですけどね」
「ああ。これは・・・、こういうすでにちょっと細かくなっているものをまた細かくするっていうのは・・・用途が違うと思いますね。この機械は、小枝とかを細かい破片にするものなので。あまりにも細かいものを入れると絡まって、最悪の場合出火しますからねえ。小さかったり、細かったりするものの場合だとシュレッダーがいいでしょうけど、これ(樹皮を指して)はシュレッダーに入れるにしては大きいかなあ・・・」
えー! その可能性は考えていたけれども、やっぱりそうか。帯に短し襷に長し。
「すみませんねえ」と担当者の方に謝られたがこちらの方が申し訳ないくらい。「あと考えられるとしたら・・・、土とこういう樹皮なんかを混ぜて、それを全部粉々にして排出する、っていう機械もありますけど・・・」
ふんふん、なんか期待持てそう。
「でも、それはバカでかい上に、一日40万円なんていうバカみたいな値段がかかりますからちょっと現実的じゃないかと」
「ああ。そうですねえ」
「あとは・・・」と、まだアイデアを振り絞ってくれているので申し訳ない。「あとは、ハンドカッターっていうちょっとごついチェーンソーみたいなものがありまして、これで樹皮を直接切り刻んでいくとか、あ、草刈り機なんかでもいいと思いますよ」
草刈り機かあ。それならタダで試せるなあ。
「あとは・・・」、とまだ振り絞る。「鶏糞や牛糞なんかを重機で混ぜて堆肥化させるのが、一番お金がかからなくて現実的かもしれませんよ。・・・なんにもできなくて申し訳ありませんね」
「いやいやいや。こちらの方こそ参考になりました」
聞けば、その営業所は今月末で閉所するらしい。えー。やっぱり世の中不況なんだなあ。こっちもうかうかとしていられん。

今後は、山積みしていた樹皮は畑にそのまま撒布し、それをある程度細かくなるまで草刈り機で「刈る」ことにした。それから、来週あたりから大量投下される(はずの)鶏糞で覆えば、腐熟も進むだろう。
うん百キロとある(もしかしたら単位は「トン」かも)樹皮の山を全自動で粉末状にするという「夢」は文字通り粉々になったが、まあ仕方ないことだろう。金がかからずに済んだという側面もあるし。
また、これはかなり大事なことなんだが、妻と、来年からは樹皮を集めるのはやめようかという話をした。有機物をタダでおびただしいほど入手できるという点ではいいのだが、収集にあまりにも時間がかかることがネック。
将来の収入のためには、今は身体を動かすことくらいしかできないが、来年以降は栽培や出荷作業にほぼ一日を費やすことになるため、丸一日をかけて収集ということができなくなる。また、二人の作業時間を考慮しても、人件コストが見合わない。そうなるとこの樹皮収集および処理作業は、来年からは高コスト作業ということになり、やっぱり除外しなければならない。そんなことを話した。
本格就農後、堆肥に用いる有機物は、鶏糞、もみがら、オガクズの3点セットになる予定。
鶏糞は先日の鶏卵場から「直送品」が届く予定だし、もみがらは近所の方に声をかけ、秋頃にもらうお話をさせてもらっている。ここらだけでは必要量が集まるかどうかちょっと不安なので隣の地域までつばをつけている。またオガクズについては、いま出入りしている製材所の他にもう一件心当たりがあるので、そこを近々交渉のために訪れる予定。なんとか5月末までにしなければ。

帰り道、沈む陽光が霧に反射しているためか、美しい紫色の夕景が見られた。
+ ………・…………・…………… + ………・…………・…………… + ………・………+
ランキングに参加ランキングに参加中ランキングに参加 一日一回クリックのご協力にお願いします 私
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ ←クリックFC2 Blog Rankingへ ←クリック
+ ………・…………・…………… + ………・…………・…………… + ………・………+
| 就農計画 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top |
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。