スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
+ ………・…………・…………… + ………・…………・…………… + ………・………+
ランキングに参加ランキングに参加中ランキングに参加 一日一回クリックのご協力にお願いします 私
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ ←クリックFC2 Blog Rankingへ ←クリック
+ ………・…………・…………… + ………・…………・…………… + ………・………+
| スポンサー広告 | page top |
認定が下りました。
2011/03/02(Wed)
私昨年の秋から作成していた書類(5年後の所得が320万円を超えるような計画書)についてですが、あの努力が実を結び?、晴れて認定がおりました!
それが今すぐ役に立つってわけではないんですが、融資を受けたりする場合にその認定が下りていると、有利なようです。
一つ仕事が終わり、ほっとしています。山登りで言えば二合目くらいはきたかなぁ・・・
+ ………・…………・…………… + ………・…………・…………… + ………・………+
ランキングに参加ランキングに参加中ランキングに参加 一日一回クリックのご協力にお願いします 私
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ ←クリックFC2 Blog Rankingへ ←クリック
+ ………・…………・…………… + ………・…………・…………… + ………・………+
| 就農計画 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top |
一日目
2011/02/02(Wed)
私昨年の夏ぐらいに就職活動をしたのですが、受からなかったこともあり、結局就職はしないことにしました。
ハウスの施工を業者には頼まず、自分達の手で建てることにしたことや(最低でも1100㎡)、他の色々の作業も一人では効率が悪いこと、二人で集中してやって早いこと農業だけでやっていける仕組みや規模を確立する等の理由からです。

研修修了後の一日目の昨日は、午前中は注文しておいた電気の丸ノコを取りに行って、午後からは譲って頂けることになった貯水タンクを視に行きました。

直ぐに取り掛かれる作業と、許可が下りないと取り掛かれない作業とがあり、直ぐにかかれる作業が許可が下りないとだめな作業に追い越されてしまわないようにしないとなぁ。

まずは、イノシシやシカなどが畑に入ってこないように防護柵を設置する作業と、またまた譲って頂けることになったハウスを解体して運んでくる作業(この間のとはまた別のもの)から。

実際、栽培を始められるようになるのは何ヶ月後になるだろう・・・
+ ………・…………・…………… + ………・…………・…………… + ………・………+
ランキングに参加ランキングに参加中ランキングに参加 一日一回クリックのご協力にお願いします 私
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ ←クリックFC2 Blog Rankingへ ←クリック
+ ………・…………・…………… + ………・…………・…………… + ………・………+
| 就農計画 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top |
業者の方たちと会う日々
2011/01/29(Sat)
私1月4日から始まったハウスの解体作業は(詳しくは⇒コチラ)ようやく終わり、ホッと落ち着く間もなく次のステップへ。
ここ数日、ハウス業者・水道業者の方たちと会い、話を詰めて見積りをお願いする日々です。
補助申請するのに、年度内の予算に乗っかろうとしている為、リミットが迫っていて、書類作成に追われています。

今日の昼間、水道業者さんのアドバイスを元に、畑の中をどのように水道管を走らせるか決定し、自分達でその長さを測りました。今からそれを図面に描き落とします。
そんなものから、様式の決まった申請書など、色々作らないといけないです。
+ ………・…………・…………… + ………・…………・…………… + ………・………+
ランキングに参加ランキングに参加中ランキングに参加 一日一回クリックのご協力にお願いします 私
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ ←クリックFC2 Blog Rankingへ ←クリック
+ ………・…………・…………… + ………・…………・…………… + ………・………+
| 就農計画 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top |
堅実な数字に~就農計画~
2010/12/14(Tue)
私昨日、先日に仮提出した就農計画の申請書類の添削が行われました。
色々とアドバイスを受け、特に、生産量の数字が現実的でないとご指摘を受けました。
5年後の所得合計が320万円を越えるように計画しないといけないのだけど、その数字を軽く飛び越える程の金額をはじき出していたので、「こんなに儲かるならみんな農業をやっているでしょう。」と言われました。たしかに。
生産量の数字を下げ、単価を下げ、販売経費を上げて、より堅実な数字にしないと。希望の数字ではなくてね。
ということで、書類は一から作り直すことに。
だけど、これで提出しても、たぶんあと数回は作り直すことになるんだろうな・・・私
+ ………・…………・…………… + ………・…………・…………… + ………・………+
ランキングに参加ランキングに参加中ランキングに参加 一日一回クリックのご協力にお願いします 私
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ ←クリックFC2 Blog Rankingへ ←クリック
+ ………・…………・…………… + ………・…………・…………… + ………・………+
| 就農計画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top |
地下を自由に行き来するやつ
2010/12/12(Sun)
夫今日は朝から藁をもらいに行った。前回もらったA さんのところ。今回もだいたい軽トラ2往復分をいただく。
圃場へ行って藁をきれいに積んでいると、モミガラを入れたビニール袋がちゃんと整理されていないことが気になって、ビニール袋を持ち上げて移動させようとすると・・・ずさー!
モミガラがこぼれる。なんだなんだ?
袋の底を調べてみると、いっぱい穴が開いている。しかも、ビニール袋が置いてあった地面(土)には、ぽっかりと窪みが開いていた。これはもしかして・・・。
そう、モグラだ!
うーん、やっぱりうちの畑にもいたのね。
モミガラを食べに来たわけではなくて、中に何が入っているかを調べるために穴を開けたようだった。
しかしモグラが掘った穴って、すごくきれいだなあ。思わず感心してしまう。
でも、これで来年からはモグラ対策もある程度考えておかなければならなくなった。モグラ取り器とか、撃退用の音波を出すやつとか。だいいち、生け捕りしちゃったらどう始末をするんだろう?

ところで、昨日とある方と来年の作物の話をしていたら、丹波の黒豆の種子をどっさりともらった。来年の5月20日頃に植えればいいということだった。来年は自家製の黒豆枝豆が食べれるかも。うまくできれば、知り合いの方にも送らせていただきますよ。うまくできれば、ね。
+ ………・…………・…………… + ………・…………・…………… + ………・………+
ランキングに参加ランキングに参加中ランキングに参加 一日一回クリックのご協力にお願いします 私
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ ←クリックFC2 Blog Rankingへ ←クリック
+ ………・…………・…………… + ………・…………・…………… + ………・………+
| 就農計画 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top |
まずは一作
2010/12/04(Sat)
夫ここ一週間はキツかった。
いろいろな方と出会って、いろいろな話を聞かせてもらった。土壌学の基礎を習った。ボカシ肥を作った。「効く」という肥料を教えてもらった。安価な堆肥を紹介してもらった。ビニールハウスの補修を行った(研修先)。よりよい軟弱野菜の出荷方法を習った。
そのおかげで、抱えていた別案件が少しおろそかになった。来週はその補填に回らなければならない。
また、準備した申請書類の添削が再来週に行われる予定。ビニールハウスの資材が圃場に搬入される予定。近所のおじいさんが今まで使っていたビニールハウスの撤去を手伝い、その残留資材を圃場に運搬する予定。別案件についての反省会が行われる予定。そうこうしているうちに年末が近づき、横浜の実家に帰り、それからまたこちらに戻ってきて、大晦日と正月を過ごす予定。
たぶん、そんな風にして年は明け、そして研修期間も終わることだろう。そうなりゃもう「研修生」ではなくなり、誰が何と言おうと、百姓になるんだなあ。
「誰が何と言おうと」というのは、「そんな一年坊主が百姓を名乗るなんておこがましいよ」という反論に対して。

数年前、「専門料理」という雑誌のコラムを読んでいたら、北島亭というフレンチレストランの北島シェフとその他にも有名なレストランのシェフふたり(名前は失念)の鼎談が載っていた。
その中で今でもなんとなく覚えているのは、北島シェフの以下のような言葉(詳細はうろ覚えだけど)。
「批評家ってのは自分の命を削って批評をしているわけじゃない。おれたち(コック)は借金して店を作って、それで看板を出しているんだ」
たしかそんな内容だったと思う。
その意見が100% 正しいとは思わないが、まあおおむね正しいことを言っているような気もする。
先日も、ある若い農家の方のお母さんが、その息子に向かって「命かけて(農業を)やれ!」と叱咤激励していた。
その言葉が私の心にも、やけに響いた。
文句や批判の前に、まずは一作、ですな。
+ ………・…………・…………… + ………・…………・…………… + ………・………+
ランキングに参加ランキングに参加中ランキングに参加 一日一回クリックのご協力にお願いします 私
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ ←クリックFC2 Blog Rankingへ ←クリック
+ ………・…………・…………… + ………・…………・…………… + ………・………+
| 就農計画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top |
不安と楽しみ
2010/12/02(Thu)
夫ついにくだんの書類が完成し、昨日、役場の方にメールで確認をお願いした。といっても、私もこの二週間ほど別の案件で時間を取られていたので、完成させたのはほぼ妻。ご苦労さんです。

昨日の午後は、ある場所へ行ってある農法の講習を受けてきた。農法といっても、今回の話は土作りや作物ごとの施肥設計が中心で、おそらく、講師の方にとっては初歩中の初歩を話されたのだとは思うが、私にとってはかなり目から鱗の部分が多かった。
詳しい内容は(私の理解がおそらく浅薄なため)書かないが、基本となる考えは、土壌分析を行い、それに基づいた施肥設計をしなさい、というごくごくまっとうで科学的な視点に立ったもの。
農業はいろいろな人間がいろいろなやり方で着手しているのだと思うが、私が理解および共感できるのは、説明可能かつ再現可能な技術。
農業を生業として選択した以上、ブラックボックスはなくさなければいけないと思っているし、その部分を「自然の力」とか「大地のめぐみ」などという考え方を代入して解釈できるほど、私は胆が太くない。
不安で不安で仕方がないから、昨日のような話はためになる。すべてが数値で表される世界。

ところで、昨日から12月に入り、いよいよ研修も残すところあとふた月。昨日教わったことを、私たちは自分たちの圃場で「再現」できるのかどうか、不安でもあり、楽しみでもある。
+ ………・…………・…………… + ………・…………・…………… + ………・………+
ランキングに参加ランキングに参加中ランキングに参加 一日一回クリックのご協力にお願いします 私
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ ←クリックFC2 Blog Rankingへ ←クリック
+ ………・…………・…………… + ………・…………・…………… + ………・………+
| 就農計画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top |
書類づくりに四苦八苦
2010/11/28(Sun)
夫今週はずっと申請用の書類づくりに時間を注いでいる。
申請書類にはいろいろなものがあって、たとえば鳥獣害用防護柵補助事業(正式名称ではない)に申請する際には、わりあい簡単なフォーマットに、見積書を添付するだけでよかったが、今回作成している書類は本丸というか、かなり重要なもので、もしそこに不備などが見つかれば、研修を終えて以降の就農準備が簡単にひと月、ふた月遅れてしまうという代物で、おいそれと気を抜けない。
なかでも「営農計画」というものを用意しなければならず、普通の商売でいうところの経営計画にあたるのだろうけれど、これが非常に厄介。その中で特に気を遣っているのが「5年後の収支計画」で、理屈の上では、われわれは5年後に所得(売上-経費)320万円を超えなければならない。
「所得320万円? たったの?」と思う人は思うだろう。四苦八苦して(帳簿上の)320万円を捻りだそうとしている私自身だって同じことを思う。 
だが、これがなかなか難しい。少なくとも私たちの場合は。

320万円をなかなか超えられない理由として、作物の単価が低いということと、それに比しての設備投資(から生じる減価償却費)の大きさがあるだろう。
「難しいね、はいおしまい」というふうにはできないので、なんとか目標額を超えるような計画を立ててみるのだが、計画とは不思議なもので、書いていると、なんだか実行できるんじゃないかという気がしてくる。
作付け計画を書いているときに、「ここをこうして、あと、これもこうなれば、まったくの休みなしでホウレンソウを出荷できるのではないか」などと悦に入り、気づくと、年間9作のホウレンソウ工場の工場長になっているときがある。
kg あたりの単価も、いろいろな数値を参考にするのだけれど、自分だったらきっとこの値段で売るだろうという「希望額」をついつい書きがちで、あるときなど、これに計算間違いが重なって、電卓を叩いたら「年商2,000万円」という数値が出てきて驚いたことがある。んなわけねーよ、と。
で、年間9作を、より現実的な回転数に修正し、また、単価も妥当性のある金額に変更し、いざ計算をし直すと、普通に320万円に届くか届かないかくらいの数字になり、しかも、必ず届かないというオチがついてくる。
そう思うと、あらためて生活の不安が両肩にのしかかり、さっきまでの「万能感」はどこかへと消え失せて、両脇に冷や汗をかいている。机上の空論が砂上の楼閣であることが判り、俎上の鯉のごとし。

というわけで、なかなかうまい具合に計画が立てられず、先週末からずっと夜遅くまで起きて、夫婦ふたり、あーでもないこーでもないと話しています。
しかしそれにしても、数字は人間を悲しくさせるもの。ありのまま過ぎて、きわめて残酷。
+ ………・…………・…………… + ………・…………・…………… + ………・………+
ランキングに参加ランキングに参加中ランキングに参加 一日一回クリックのご協力にお願いします 私
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ ←クリックFC2 Blog Rankingへ ←クリック
+ ………・…………・…………… + ………・…………・…………… + ………・………+
| 就農計画 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top |
残念
2010/11/16(Tue)
私昨日、この辺りの地区長さんから「でっかいタンクがあるんやけど、いるか?」とお話がありました。
どうやら、隣の地域のある人がタンクの処分に困っているらしく、引き取ってくれる人を探しているとのこと。
そのタンクは、道沿いにドデーンと置いてあって、私も以前から道を通るたびに見ていて知っていました。タンクには大きく10万円と書いてあり、ちょうど買おうかどうしようか思案していた物です。
しかし、今回、その持ち主がタンクを早急に退けたいらしく、「直ぐに持って行ってくれるんだったらタダであげるよ」ということ。
買おうかどうか迷っていたものを、タダで入手出来るのだから、とてもラッキーです

↓このような、高さ2メートル、いやそれ以上かな?とにかく大きなタンク。(写真はイメージ図です。)
梅酒用タンク
これをどのように使うのかというと、川から水をポンプアップして、いったん水を溜めておくのに使います。

で、今日の夕方早速そのタンクの持ち主さんと交渉をすることになりました。

ところが、

夕方、地区長さんから「ずっと何年も外に置いたままなのにタンク内に水が全く溜まっていない。つまり、どこからか洩れているんじゃないか」という連絡をもらい、結局このお話はおじゃんになってしまいました。

残念・・

新品で買おうと思えば購入出来ることは出来るのだけど、出来ればいらなくなったものを譲り受けたい。またこういった話が出てくるかもしれないので、もう少し待とうかと思います・・・

ちなみに、もらうはずだったそのタンクは、鉄クズ集めの業者さんが持っていくことになったそうです。
+ ………・…………・…………… + ………・…………・…………… + ………・………+
ランキングに参加ランキングに参加中ランキングに参加 一日一回クリックのご協力にお願いします 私
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ ←クリックFC2 Blog Rankingへ ←クリック
+ ………・…………・…………… + ………・…………・…………… + ………・………+
| 就農計画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top |
モミガラ集め終了
2010/11/10(Wed)
私今日は研修が午前中だけだったので、午後からライスセンターにモミガラをもらいに行きました。
ライスセンターでは、明後日にモミガラを全て処分してしまうそうなので、今日が最後の収集日となりました。
屋外ではなく倉庫内なので、粉が舞う舞う。頭は浦島太郎みたいに真っ白になるし、マスクをしていても鼻の中がえらいことになるし(鼻をかむとヌカのようなでっかい塊が・・)、ようやくこの作業から開放されてしいです
次は来年だー。

それまではオガクズシイタケの菌床集めをするべし。
+ ………・…………・…………… + ………・…………・…………… + ………・………+
ランキングに参加ランキングに参加中ランキングに参加 一日一回クリックのご協力にお願いします 私
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ ←クリックFC2 Blog Rankingへ ←クリック
+ ………・…………・…………… + ………・…………・…………… + ………・………+
| 就農計画 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top |
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。